俳優に必須の個性を磨き上げる方法

俳優に必須の個性を磨き上げる方法

演技が上手いだけではいけない 演技が上手いだけではいけない 俳優は演技力が重要ですが、単に脚本通りにセリフを言ったり動作をしたりするだけではいけません。
個性が必要です。
演技が上手くても個性がなければ、長く活躍する俳優にはなれないでしょう。
俳優を目指している人は、俳優育成コースなどに通って演技力を学んでいることが多いですが、自分の個性を磨くことも大切です。
自分の個性を磨きつつ、俳優育成コースで学んだことを生かせる俳優を目指してみてはいかがでしょうか。
個性を磨く前に知っておきたいポイントがあります。
奇抜だと思われてはいけないということです。
個性を出すために奇抜にするという人もいますが、個性と奇抜は違います。
奇抜な言動や行動をすると個性的に見られるというわけではないため注意してください。
個性というものは、その人にしかない独特の雰囲気や、他の人にはない魅了の仕方です。
オーディションでも他の人とは違う何かを持っている人が目立ちます。
奇抜なことをしてしまうと、変わり者として悪い意味で目立ってしまうでしょう。

個性はどう磨く? 個性はどう磨く? 個性を磨くポイントは、自分の持ち味は何かを考えることです。
そして、その持ち味を生かすことが大切です。
自分にしかない持ち味がわかっていれば、オーディションでも他の人と差をつけることができます。
例えば、話し方や動き、目線などです。
演技が上手い人を参考にすることは大切ですが、自分にしかない持ち味を伸ばしていかなければなりません。
しかし、わざとらしさがあってはいけません。
最初から自分にしかない特徴を探す必要があります。
その特徴が短所だと思っていても、演技では長所になることもあるでしょう。
自分と向き合って探してみてください。
考えても見つからない場合は、様々なことに興味を持つようにするといいかもしれません。
興味を持ったことは趣味にしたり、積極的に取り組んだりすることで演技に役立つことが身についてくるはずです。
読書や歌、ダンス、絵を描くことなど俳優には関係がないことでも、その経験が個性的な演技を生み出すきっかけになることがあります。
このように、俳優として活躍するためにはたくさんのことを身につけなければなりません。
俳優育成コースに通って基礎を身につけるだけでなく、自分の持ち味を上手に使える俳優を目指してみてください。

TOP Pro Actors Laboの特徴会社概要特定商取引法に基づく表示
Copyright© Pro Actors Labo All rights reserved.